投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:アップルハート  投稿日:2007年 4月 1日(日)15時23分55秒 t122033.ipgw.phs.yoyogi.mopera.ne.jp
  すみません。↓のは間違いです。
本当のアドレスはhttp://yaplog.jp/heartapple/です。
 

リンクの変更

 投稿者:アップルハート  投稿日:2007年 4月 1日(日)15時22分10秒 t122033.ipgw.phs.yoyogi.mopera.ne.jp
  かなりおひさしぶりです。アップルハートです。
リンクの変更お願いします。
アドレスはhttp://www.geocities.jp/merokine2003/です。
 

再教育 (その2)

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月31日(土)19時34分25秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  「SOMA」の石本靖幸氏が行方不明という。
雑誌に氏名や店の名前が公表されてしまったためだろうか。
それにしても一般人である彼を無断で盗撮し氏名まで公表してしまう週刊誌側の行為は明ら
かに行き過ぎと言える。
石本氏は実業家であるがゆえに、私生活の公開は社会的信用や、地位を失いかねない。
社会的には殺人行為と言えるだろう。

石本氏の立場としては、状況はどうあれ、勝手に記事を書かれたのが事実であるなら、プラ
イバシー侵害で訴訟を起こすこともできたはず。
つまり彼は、あらかじめ掲載されることを了承していた、いや事前に知っていた、と解釈せ
ざるを得ないだろう。
いやはじめからコトが済んだらトンズラを決め込み、ほとぼりがさめるのを待つつもりだっ
たのであろう。
今回の事件の主役である彼女の過失のみが一方的にクローズアップされる反面、あまりにも
不可解な状況が揃いすぎている一連のスクープ報道。

裏でどれくらいの金が動いたのかはわからない、しかし今回の件で一番得をしたものは誰か
ということを考えてみたら明らかであろう。
今回の事件のシナリオが、石本氏、週刊現代、そしてこの事件の「仕掛け人」この三角関係
の利害一致によって、綿密に作成されたということが何か透けて見えるのではないだろうか。

 

再教育!?

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月29日(木)23時36分51秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  >再教育


 

返信

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月28日(水)22時33分15秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  >あみ娘。さン

>>安倍首相と「週刊誌」

「週刊誌」のバッシングなど「どこ吹く風」。平然としてる安倍さンですが、それもそのはず。
「週刊誌」や「ワイドショー」に、さんざん持ち上げられたあげく総理までになった人ですから。
いわば「生みの親」からの「ありがたい」叱咤激励だと思っているのでしょう。

就任して初の通常国会。連日ワイドショーさながらのスキャンダル合戦に揚げ足取りの応酬。
税調会長が高級官舎に「愛人」を囲っただの、農水相が水道を「ミネラルウォーター」に改
造しただの、若手議員の「喫煙疑惑」だの(笑)国会って一体何を議論する場だったっけ?

「クイズヘキサゴン」見るより「国会中継」のほうがよほど面白い。ホント「週刊誌」のネ
タは尽きません。まあお互いに利用し合ってる訳ですから「もちつもたれつ」って事でしょう。

でもアイドルの場合は、たとえ「真実」の報道であっても「隠し撮り」なんてのは「プライ
バシー侵害」で損害賠償請求できるらしいですね。
それをしないのは、芸能人が人気商売であり、マスコミと敵対することは得策ではないと判
断するからだと思われます。
お互いに依存することで成り立ってる訳ですから、やはり「もちつもたれつ」って事でしょう。

 

安倍首相の答弁より

 投稿者:あみ娘。  投稿日:2007年 3月28日(水)19時29分52秒 i125-202-23-81.s05.a006.ap.plala.or.jp
  週刊誌にある事ない事をよく書かれますが、あんなのいちいち応対して裁判やっていたらキリが無いんですよ。だから相手にしてませんよ!」
(亀井静香議員の質問に対して)

その昔、小泉元首相は「週刊誌に書かれるようになったら、よくもこんなにある事ない事書くなあ」って感心したと述べています。

小泉首相と安倍首相は適当に書かれて相手にしなかったのですが、加護ちゃんのは、きちんと書かれてあったのでしょう。
事実でない事が書いてあれば事務所は全力で庇ったと思いますが、今回は事実と認めてしまいました。

ただ、しょっちゅう週刊誌でゴチャゴチャ書かれる件については「書かれるだけマシ」と思わないとやっていけないんですね。
人気と感心が無けりゃ叩かない訳ですしね。
 

週刊現代 (その3)

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月28日(水)01時16分56秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

「ねえ、海につれていってあげようか」 赤ちゃん言葉で、亀に話かけるなっち。

写真集「エクリュ」DVD、ロケ先の石垣島での、ほのぼのとした雰囲気のひとコマ。

しかしその後、この亀が天然記念物「セマルハコガメ」では?との疑惑が浮上。
しかもこの亀は森林に住む亀で泳ぐのは不得意、海に放置したら間違いなく死んでしまうとか。

これに目を付けた「週刊現代」編集部。
「安倍なつみによるカメ殺し疑惑」と称して、2ページに渡る特集記事を掲載したのである。
電車の中吊り広告にもデカデカと「カメ虐待に専門家は言語道断と激怒」の文字が躍っていた。

毎度のことながら「週刊現代」によるあからさまなハロプロ叩きと言えるこの亀騒動。
ネットで大騒ぎになる前に、事務所側が強硬な態度で突っぱねたことで、何とか事なきを得た。
盗作問題などトラブル続きだっただけに、一歩対応を誤れば大変なことになっていただろう。


有名税ってやつだろうか。彼女たちは、詮索好きな輩に身辺を絶えず監視されているような
毎日だろう。
いつ何時くだらん事書きたてられて足を引っ張られるかわからない。
アイドルとはなんと因果な職業であることか。
 

週刊現代 (その2)

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月26日(月)22時17分23秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

読みました。なんとネガティブな悪意に満ちた文章なのだろう。
片方で綺麗事を並べつつ、執拗に尾行を続ける一方、立ち寄った旅館やドライブインへの聴
きこみ調査で徐々に事実関係を暴いてゆく。

まるで確信犯的なその取材行動が、おかしくなりそうな程、自分を辟易させてしまう。
「なぜこの1年の苦労を考えて自重できなかったのか。なぜそばにいた石本氏は、彼女の行
為を止めなかったのか」などと言う、記事のコメントの、何と白々しく聞える事か。

あの頭の回転が速く思慮深かった彼女はいったいどこに行ってしまったのだろう。
ほんの1年前まであれほど輝いていた彼女だったのに。
長い謹慎生活、友だちにも会わず、怖くて外にも出られず、やつれはてた心身喪失状態の彼
女を甘言で連れ出し破滅の道に追い込むのはいとも容易いことだっただろう。

雑誌の売上げのためか、それとも事務所への逆恨みによるものか、いずれにしても雑誌がス
クープによって得たであろう一時的な売上げに比べて、事務所が失った利益、そして彼女が
失った人生のなんと大きいことであろうか。

本当にほんとうに残念の一言。悔やんでも、今更彼女の不用意さを責めてみてもせんないこと。
今は、ただただ彼女のこれからの未来に幸あれと願うばかり。
 

小春メール

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月25日(日)03時35分58秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

ある日突然送られてくる「小春メール」
送られたヲタどもは、嬉しい反面、これは本当に小春からのメールだろうか?
などとちょっと戸惑いもあるというのが本当のところ。

2ch の分析では「どっかのオッサンかスタッフが書いて送ってる」らしい。
しかし「小春のフリをしたおっさんメール」にしては内容がハジけすぎているようである。

ノリo´ゥ`リ <2007年2月8日のメール

おはよぉございまぁす\(^O^)/
最近、目覚まし時計で目が覚めない久住小春です(^^;)
そぉいえば雪みてないな(^^;) みんなはスキーとかもう行きましたか?
小春新潟出身なんですけど、実話スキー経験ゼロです\(^O^)/
ドジな小春がスキーをしたらすごいことになっちゃいますよ(^。^;) 危ないx2!

実際にメールの内容と、その後ハロモニ。などでオンエアされる小春の言動が一致している
のである。
とすれば小春本人か小春の趣味嗜好を知り尽くしているスタッフが書いたものと断定せざる
を得ないようだ。

いずれにせよ「小春メール」はヲタの夢であり希望である。
多忙な小春が仕事の合間に、ファンのために一生懸命メールを打ち込んでる、そう信じたい
ものである。

ノリo´ゥ`リ <2006年12月11日のメール

寒い~~(>_<) ついに地デジ('-'*) みんな電気屋に急いでぇε=┌( ・_・)┘
最近の小春のハマり♪
●こたつでアイス☆ ●ポップコーンの投げ食い☆(上に投げて口でキャッチ★)
●おでんの餅巾着☆ ●寝る前のゲーム☆  わ~全部地味だな~(^。^;)

ノリo´ゥ`リ <2007年2月11日のハロモニ。↓↓↓↓↓↓

 

週刊現代

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月24日(土)22時27分40秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  26日(月)発売とか。腐れ週刊誌にとってハロプロはネタの宝庫でしょうね。
一歩自宅を出たとたん盗撮カメラのエジキにされてはオチオチ外出も出来やしない。
あげくはあるコト無いコト書き殴られてネットに出回り、事実よりも推測が一人歩きして
大騒ぎになってしまう。たまったもんじゃないですよね。
まだ「2ch」ネタなんでコメントはこのへんで。
 

SEXY 8 BEAT

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月23日(金)01時48分32秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

通算8枚目となる娘。アルバム。シングル4曲を含む全11曲。

8ビートのリズム感が堪らない1曲目、アイドルポップ性溢れる3曲目、初々しい恋心を歌
い上げる5曲目、そしてしっとりと聴かせるバラードの8曲目など、前アルバム「レインボ
ー7」に負けず劣らず、多種多様な曲目に満ち溢れた完成度の高い珠玉のアルバムといえま
しょう。
オリコンデイリー6位。

1曲目「元気+ (プラス)」
♪ 優しい声が、声が、声が・・・♪
曲の冒頭から、息つく暇なく畳み掛けてくるような8ビートパーカッション&歌詞のリフレ
イン。
重厚なリズムが冴え渡るアップテンポ曲は聴いていてとにかくカッコよく問答無用に聴き手
を惹きこむノリの良さを味わえます。
モーニング娘。の醍醐味である躍動感と勢いとを「これでもか」といわんばかりに感じさせ
てくれる爽快かつ聴き心地バツグンのナンバーに仕上がったのではないでしょうか。

5曲目「春 ビューティフル エブリデイ」
歌詞の一番を亀井絵里が、二番を光井愛佳が歌っています。
一曲の半分を、それぞれソロで歌うという珍しいパート割になっています。
♪ 新しい季節ね 同じ場面は二度と来ない 一期一会だよ ♪
初々しい恋のはじまりを予感させるような歌詞。
2人は、春らしい明るい曲調に乗せて、とてもかわいらしく印象的に歌っています。

8曲目「その出会いのために」
♪ 出会いにありがとう 毎日元気でいるから 未来も元気だわ ♪
吉澤ひとみミディアム・ソロバラード。卒コンのラストソング用でしょうか。
しっとりと歌い上げるよっすぃーの歌唱は見事以外の何者でもないでしょう。
歌詞も切なく感動的です。何回聴いても飽きませんね。
特に最後の必殺フレーズ「Wow Wow ねえ ありがとう ありがとう」はぐっとくること請け合い。
SSAでは涙が止まらなくなりそーな予感・・・(;´Д⊂)

1.元気+(プラス)
2.歩いてる(ALBUM EDIT)
3.未来の太陽
4.笑顔YESヌード(ALBUM MIX)
5.春 ビューティフル エブリデイ/亀井絵里、光井愛佳
6.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
7.Ambitious!野心的でいいじゃん
8.その出会いのために/吉澤ひとみ
9.シャニムニ パラダイス/高橋、新垣、藤本、田中
10.宝の箱/重ピンク、こはっピンク
11.BE ポジティブ!
 

リンリンのAA

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月19日(月)21時46分28秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  川*^A^)  に決定したそーです。それにしても早いね。



2ch の職人さん (*^ー゚)b グッジョブ!!

川*^A^) <とても嬉しいアル

で、ジュンジュンのほうはまだなの? 何!?もめてるって! 笑
 

増員

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月16日(金)19時05分6秒 p7246-ipbf1203marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
  あいかわらず突然ですが、モーニング娘。2名増員です。

1人目は、昨年の北京オーディションで合格した湖南省出身のジュンジュンさん。
もう1人は、すでにエッグメンバーとして活躍している杭州出身のリンリンさん。

2人は春ツアーの最終日に正式お披露目、その後現メンと合流し活動していくとのこと。

今年のテーマはアジア。しかし海外進出となると言葉の問題があります。
音楽は世界共通語といわれてますが、やはりライブでは会話を通じてファンと交流すること
でさらに盛り上がりますよね。

そういった意味で、メンバーに中国出身者がいることは何かと心強いのではないでしょうか。
音楽を通じた日本とアジアの架け橋として、新人2人の活躍にかける期待は大きくなりそう
ですね。

ジュンジュン          リンリン
本名:Li Chun(リー・チュン)  Qian Lin(チェン・リン)
生年月日 :1988年2月11日      1991年3月11日
出身地 :中国湖南省             中国杭州
 

安倍なつみ 3rdアルバム 「25 ~ヴァンサンク~」

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月16日(金)02時04分51秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

シングル2曲を含む全7曲。
作詞、作曲からプロデュースまで、つんく♂が一曲も関わっていないオール外注作品。

つんく♂の手を離れた事によって、楽曲の内容に軽さや安っぽさが失くなり、かえって聞き
手を包み込むかのような深みと温かみを感じさせる、なっちらしい素晴らしい作品に仕上が
っています。

すべて女性によって作詞された歌詞もそれぞれ繊細で柔らかくとても印象的です。
(つんく♂ ごめん~笑)
ソロ活動3周年をむかえ、音楽的成長のみならず、人間的成長をさらに感じさせる、なっち
改心のアルバムといえましょう。

4月から「ツアー2007春 25~ヴァンサンク~」がいよいよスタート。
今回は、初の試みで全ツアーを生バンド、生演奏で回るとか。
オール生演奏はなっちの夢でしたね。夢が叶って幸せそうに歌う彼女の姿が目に浮かぶよう
です。

25 ~ヴァンサンク~

01. 愛しき人
02. スイートホリック
03. 大人へのエレベーター
04. 25 ~ヴァンサンク~
05. くちびるで止めて
06. 月光の光
07. 甘すぎた果実

1曲目「愛しき人」

年下の恋人。彼の夢は一流ミュージシャン
けれど何度も挫折を繰り返してばかり

でもいいの。悔し涙するそんな君を ずっと見守りたい
小さく見える君の後ろ姿 ただただ見つめるだけでいい

愛しき人よ もう泣かないで あの歌を もう一度口ずさんでよ
懐かしい幼き日の あのメロディ 二人の愛したあの歌を


4曲目「25 ~ヴァンサンク~」

心の隅で 愛せる誰かを探しつづけて  だけど見つからない そう言い聞かせてたのに
もう恋など できはしないと思って 眠れぬ夜に一人 寂しく震えてた

流れてく 時の中 静かに瞳 閉じて 色あせた 歴史のページめくれば
忘れてた 遠い昔の あの約束 今ふたたび そっと囁く あなたがそこに居る

すれ違う時の中で やっと あなたにめぐり合えた
不思議ね 探し求めたものが  こんなにも傍にあったなんて・・・

愛はきっと奪うでも与えるでもなく 気がつけばそこにあるもの
時間の扉の向こう 失くした心も 今なら 輝き取り戻せる

二人きりでいる この瞬間こそ永遠 今はただただ 私の傍にいて・・・
 

デビュー

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月14日(水)01時55分26秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  モーニング娘。はいつデビューしたのか。
これはファンの間でさまざまなとらえ方があり、特定できないようである。

まず1つは「ASAYAN」がユニット名を「モーニング娘。」にすると放送した97年9月
14日という説。
2つ目は、CD「愛の種」を最初に手売りした97年11月8日というもの。
3つ目が、ファーストシングル「モーニングコーヒー」をリリースした98年1月28日という
説である。

そしてもうひとつ、このサイトでは、手売りで5万枚のCDを完売し、メジャーデビューが
決定した日。
モーニング娘。の全ての始まりとなった「オリメン5人の一生の思い出の日」・・・97年11月
30日。
この日をデビュー記念日としたい。



全国各地を這いずり回り、5万枚のCD「愛の種」を手売りしていた5人の無名の娘。たち。
メジャーデビューにかけた彼女たちの真剣な想いは、この死のロードとも言える全国行脚を
ものともしなかった。

1997年11月30日午前10時、最終会場となったナゴヤ球場は、前日の雨模様とは打って変わっ
て、澄み切った青空が上空に広がっていた。
5人が球場に駆けつけると、すでにそこには4,000人以上ものファンがつめかけていた。
5万枚完売まで、あと9,500枚。

そして、CD発売開始から2時間半で、あと1,000枚。4時間後に、ついにあと10枚を残す
だけに。
ナゴヤ球場スタンドを埋めたファンの間からカウントダウンが起った。「4、3、2、
1・・・」

午後2時31分。最後の1枚のCDを5人が手を揃えて、最後のお客さんに手渡す。

マイクを持ったスタッフがグラウンドに出て、「ただ今5万枚完売いたしましたー!」と叫
ぶと、「ワアーッ」というどよめきが湧き上がった。抱き合う娘。たち。

感動の涙。立ち直って、「・・・ありがとうございました!」とあいさつ。
再び泣き崩れる娘。たちに拍手の嵐。「おめでとう」の声。

メジャーデビュー決定!モーニング娘。誕生!
人生において、この日の感動を超える日が来るのだろうか?と思えるほどの喜びと感激。

ナゴヤ球場が大歓声につつまれ、喜びの涙に濡れていた5人の娘。たち。
彼女たちはこの日を一生忘れないだろう。

 

和田 薫

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月13日(火)01時54分56秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

「ステージは戦場。一緒に出てる誰よりも自己アピールせよ!」
オリメンたちは「一人称は私とかじゃなくて名前を言え」って教育されたらしい。

「うたばん」でも「HEY×3」でも、オイラわぁ・・・なっちねぇ・・・カオリは・・・などと自作の
ニックネームが定着していた。
TV出演後に、トーク内容の反省会をするほどの徹底ぶりだったという。

本番で声が出てない飯田圭織は和田マネにビール瓶で頭殴られたこともあったとか。
(現在だったら暴力なんとかで、エライことになるかも知れないが)

アイドルの寿命は短い。ちょっと歌がうまくて可愛いだけのアイドルはゴマンといる。
和田マネの真意は、この世界で生き残るための「プラスアルファ」を彼女たちに徹底的に教
え込もうとしたのかも知れない。

現在はUFAを離れ、芸能事務所の代表取締役を務めている和田薫さん。
歌番組やバラエティに出演する現メンのパフォーマンスを見てどう感じておられるのだろうか。

 

返信

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月12日(月)02時57分32秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  >あみ娘。さン

そうですね。最近コントも間延びしてるしつまらないですね。
こんなネタで満足しているスタッフ側にも問題があります。

いっそのこと、メンバーに好き放題やらせるほうが面白いものができるのでは?
司会は、台本を覚えたためしはない「辻ちゃん」にまかせるといいですね。

 

ハロモニ短縮

 投稿者:あみ娘。  投稿日:2007年 3月11日(日)23時25分19秒 i125-202-23-81.s05.a006.ap.plala.or.jp
  今の場合だと間延びしちゃってる感じがあります。
30分でちょうどいいかなあ。

どうせならタモリ倶楽部みたいに毎週ロケでダラダラ進行して終わるというのもまたいいかなと。

ダラダラ番組は30分が限界だしね。
 

パチンコ娘。

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月11日(日)03時16分51秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
 

あやや、ごっちんに続き、モーニング娘。がパチンコ台になるとかで、何かと騒いでるよー
ですが。。

未成年のメンバーもいるし「ギャンブルであるパチンコのキャラクターになるのは、ちょっ
と」とゆーコトらしい。

私自身は、たまにパチンコやる程度ですが、パチンコ業界は現在、いわゆるタイアップもの
が全盛のよーです。
「CR冬のソナタ」とか「CR北斗の拳」とかが爆発的人気をキープしてますね。

最初「冬ソナ」なんて、パチンコをするオジサンたちにとっては興味がないキャラだと思っ
てたンですケドね。
ところが、中高年のオバサンたちが殺到して、台の確保に店内はまさに修羅場と化してる状
態だとか。

「冬ソナ」しかり「人気アニメ」しかりで、やはり認知度が高くて親しみやすいキャラクタ
ーの採用 が大ヒットの要因なのでしょう。
そう考えれば、モーニング娘。にオファーが来ることは、まんざらでもなさそーに思います
ケドね。

ちなみにタイアップが決まったキャラクターの著作権者には、莫大な著作権料が入るらしい。
大ヒットとなった「CR冬のソナタ」では、冬ソナの権利者に、50億円のお金が入ったと
のこと。

50億円といえば、モーニング娘。の約10年間分のコンサート興行収入に匹敵するでしょ
うね。
これは、ヲタがいくら騒いでも逆立ちしてもかなわないよーな金額ではないでしょうか。
 

ハロモニ。短縮!?

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 3月 9日(金)02時24分46秒 p2240-ipbf209funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  スタッフ「その分、内容の濃い充実した番組にします」 ← いつもの言いわけ

じゃあ今までは、内容の無いダラダラ番組だったわけ? やっぱし。

これを機にタイトルを「ハロベリ」(ハロー!ベリーズ)にしてもいいね。
ハロー☆きらりんでもいいな。

やっぱヲタと子供と双方が楽しめる番組づくりをしないとね。

 

/18