teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2013年、今年も宜しくお願い致します

 投稿者:NPO法人神流川スポーツクラブ  投稿日:2013年 1月22日(火)16時04分55秒
返信・引用
  ホームページを拝見させていただきました。
NPO法人神流川(かんながわ)スポーツクラブの寺井と申します。

群馬県藤岡市にて、総合型スポーツ合宿施設
「神流湖(かんなこ)スポーツアカデミー」を管理しております。

当クラブではサッカーをはじめ、一人一人に様々なスポーツライフを
創りだし、発展させ、生涯スポーツを実践できるよう、奮闘しておりますので、
これからも皆様からのご声援のほど宜しくお願い致します。

活動報告の為のFacebookを始めましたので、
皆様からの「いいね!」お待ちしております!

合宿・キャンプのご利用もお待ちしています!
―――――――――――――――――――――
特定非営利活動法人神流川スポーツクラブ
クラブスタッフ 寺井貴之
埼玉県本庄市前原2丁目11番地8 からこビル1E
Meil:terai@k-sc.jp
HP :http://www.k-sc.jp/
Facebook:http

://www.facebook.com/kannagawaSC
―――――――――――――――――――――

http://www.k-sc.jp

 
 

大変ご無沙汰しています。

 投稿者:光龍館 岩部広志  投稿日:2012年12月25日(火)11時00分14秒
返信・引用
  ホームページを更新中です。よろしくお願いします。

新アドレス http://www.geocities.jp/kouryukan777/index.html
 

種まき

 投稿者:キチ衛門  投稿日:2012年10月 6日(土)12時02分35秒
返信・引用
  10月11日から月末まで、ドーハを経由してブルガリア・ソフィアに入る。
12,13日とソフィアで剣道。居合道の稽古をし、13日午後にマケドニアへ向かう。マケドニアで約2週間剣道の稽古と合気道家の為の居合道講習会。25日からセルビア・ベオグラード入りし、国際大会の付き添い&監督28日にマケドニアへ帰り、反省会&稽古。31日午後ソフィア入りし帰国の途に立つ。少しハードだがマケドニアの剣士達と年1回しか稽古が出来ない。
渡航費は月収4万円程度の国のマケドニア剣連が負担してくれるので、その好意に報いる為、少し長く滞在し、まとめて色々な稽古をしたいと思っている。
 

無理するな^無理するな~

 投稿者:惚け爺  投稿日:2012年 6月23日(土)11時49分22秒
返信・引用
   思わず笑って終いました。 剣道って良いですねぇ。 仲間達がまた素晴らしい。 手加減なぞ”されて不快・無念”でしょうに。 元気に稽古いただいていた頃「一体幾つなんだ?年をかんがえて~」と。 とみに、日々体力が衰えてゆく実感に今、懐かしい励ましでした。 先生の復活が嬉しい便りです。 精々、苛められて?ください。 それが何よりの労わり・励まし、先生への尊敬”剣友蓮”の、と、思うのです。  

意志薄弱

 投稿者:剣道キチ衛門  投稿日:2012年 6月14日(木)10時15分28秒
返信・引用
  治療中少し良くなると、これ位なら大丈夫かな…と素振りをすると足に痛みが走り逆戻り、折角しまいこんだ刀や竹刀を身近に置き未練たらしく身体を動かす。
動かしては逆戻りを数回重ね、「今我慢して長く続けるか、無理をして短命で終わるか決断してください」とキツイアドバイスを受け賞味3ヶ月、刀にも竹刀にも一切触れず意志薄弱な私ですが、今回ばかりは我慢我慢で耐え抜きました。
お陰さまで昨日は相知館で稽古、やさしい剣友達は身体を気遣い「無理するな、無理するな」と暖かいお言葉。
でも、これは準備している時の話。人の不幸は蜜の味とばかりに、いざ稽古になると今までの恨みを晴らすかのような攻撃に合い、試運転の積りが本気モードにスイッチが入り1時間半フルに稽古してしまいました。
帰宅して入念にストレッチをしましたが腰痛がぶり返すのではないか?足に痛みが出るのではないか…と不安でしたが、久しぶりの稽古で熟睡でき爽快な朝を迎えることが出来ました。
筋肉の衰えは致し方なく、スクワットで太股の強化をしていましたが、面の重さに絶えられず、首の筋肉が痛むのにはビックリしました。
頚椎損傷、腰椎損傷で好きな剣道を断念した剣友には申し訳ないと思いますが何とか元に戻れそうな気がいたします。
ご心配有難うございました。
 

良かった!

 投稿者:惚け爺  投稿日:2012年 6月12日(火)21時59分2秒
返信・引用
   ウーン、思う事!自分自身が総て。 他人任せでなく決断と言いますか判断。 身近な医学に基ずく手術 or 自然治癒~人の体は何かしらの努力、方法で治癒に繋がる!と言う信念と言いますか自らを信じる諦観。 今更ながらに己の不明を~手術による(2回に及ぶ)快復も無く徒に過ぎる無聊を嘆く日々。 ウーン、思わず快哉と!。 良かったですねぇ。  此の後、心しながら~労わりながら~お稽古にいそしまわれます様に。 良いお便りありがとう  

復活!!

 投稿者:剣道キチ衛門  投稿日:2012年 6月 5日(火)14時43分12秒
返信・引用
  惚け爺様
ご心配お掛けしました。
足腰の痛みは完全に抜けました。
先週2,3日山梨で行われた全剣連居合道地区講習会に参加し、当初は具合が悪かったら見学だけでもしよう…と思っていたのですがフルに2日間の稽古に脱落せず刀を振り回せました。
今週末は剣道へも復帰を考えていますが、まずは子供の相手をして様子を観ることにします。
 

第15回剣道世界選手権

 投稿者:剣道キチ衛門  投稿日:2012年 5月28日(月)12時15分35秒
返信・引用 編集済
  25日~27日イタリアで行われた第15階剣道世界選手権を全剣連からUstreamを使ってライブ配信されました。男子個人、団体戦・女子個人、団体戦と毎日世界中2万人を超える人がPCの前で観戦しました。
様々な国の剣士が応援するメッセージと共にカメラマンに「試合場CをDをズームアップして、お願い」とかそれに応えたカメラマンに感謝のチュを送ったりと、本当に便利な通信手段だと改めて感心しました。
男子個人戦決勝での高鍋選手の見事な戦い振り、男子団体戦での熱戦を本当にライブ感覚で観させてもらいました。

それにしても韓国の選手は剣道をスポーツとしてしか認識していないのですね。
1本負けした次鋒の選手は試合終了しても開始線の前に立ったままでイツまでも蹲踞せず不満のアピールを続ける態度の悪さ。
韓国選手の殆どが1試合毎に何回も竹刀の点検でタイムする無礼な態度。大きな大会に出場するのに大事な竹刀の事前点検をしていないのか?それとも使い捨てのような出来の悪い竹刀を遣っているとしか思えません。
大将戦で日本の優勝が決まり、お互いの礼の時も全員なかなか開始線に集まらず、中堅の選手など腰に手を当てたまま頭を下げ、場外に出るのもダラダラとした態度。
彼らは剣道の根底に流れる思想を理解しているのでしょうか?

世界中の剣道愛好家がライブで観戦していることを認識していないのでしょうね!
中欧のセルビア、ハンガリーの選手達の頑張り、アメリカ、ブラジルのレベルの高さ感心しながら観戦したのに、残念なことに準優勝した韓国選手は何の模範となるべきものはありません。
次回16回東京大会にもし参戦するのであれば、日本の剣士達に袋叩きにされるのを覚悟してくるべきですね!韓国剣道界指導陣の責任は大きいと思います。
皆様は如何お考えですか?
 

やれやれ・・・

 投稿者:惚け爺  投稿日:2012年 4月14日(土)15時02分15秒
返信・引用
   穏やかならざる字句~、車椅子・再起への懸念、etc言葉の羅列、先ずは安心できる?状態への第一歩を踏み出しておられるご様子。 私自身、2度の手術の遠因、そして再起断念。 医者には言いませんでしたが思い当る”性急に快復を思い負担を掛けた”行動があります。 医者・専門家の意見には素直に従うべきだと・・・遅きに逸しましたが・・・。
 さて、浩三師には先生の言葉、昨夕正確にお伝えいたしました。 また勝手ながら体調についてもお伝えをしました。 更なるご心配をされ、一日も早くご快復をされお稽古がお願い出来る様に、と~お伝えを依頼されました。

 また、今夕忙しい日々を縫って稽古に励み昇段審査を受けられた剣友の合格祝いを準備(浩三師が合格確実であると!企画)し集まることになっており”~残念ながら~”に終わり急遽残念会に趣旨変えし(理由をつけて飲むだけ?)瀬戸まで出掛けます。 瀬戸での飲み会は交通費が高くつきご辞退申し上げましたが、浩三師の奥様の送迎つきで参加となりました。
 何れにしても、高段者に在りがちな気負いと言いますか【威風辺りを払う】風情の好ましからざる雰囲気の全く無い指導者も珍しく、足軽風情にも分け隔てなく接しながら周囲に気配りと思いやりに尊敬しきりです。

 ご自身、ハードなスポーツを経験された医師の助言であるなら屹度結果は期待できると思います。 重ねて、他事ながら先ずは「2km」ぐらいに?ご無理は禁物のような懸念があります~経験者?として(苦笑)

 

惚け爺様、有難うございます。

 投稿者:剣道キチ衛門  投稿日:2012年 4月13日(金)21時14分57秒
返信・引用
  自力と言っても、学生時代にラグビーで身体を酷使してきた医師の指導の基ですので徐々にではありますが、回復に向かっています。
意志が弱いため、少し良くなると、素振り等をしてしまいますので木刀、竹刀、刀は目に付かぬと所に防具は乾燥させて防具袋にと、片付けて直ぐに手に出来ないようにしています。
頚椎、腰椎、肘、膝と還暦を過ぎたとたん彼方此方が壊れ、騙し騙し稽古を続けたツケがきたのだと思っています。
復帰したいのなら、ここが我慢のしどころと医師に強く叱責されました。
腰の痛みと右足の痺れと痛みは大分抜け、昨日は杖を片手に満開の桜を観ながら、約3km程散歩、後は左足の痛みが抜ければ、筋肉の再生を図り夏頃には復帰できると思います。
 

レンタル掲示板
/14