teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HP更新について

 投稿者:手塚  投稿日:2009年10月26日(月)07時11分19秒
  HP更新が長らく滞っていましたが、今月から更新を再開させて頂きたいと思います。
長らくご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
 
 

「はり・きゅうの話」の本購入

 投稿者:島田栄子メール  投稿日:2009年 8月23日(日)14時29分26秒
  「はり・きゅうの話」の本を1冊購入します。よろしくお願いします。島田栄子  

2008年夏合宿写真

 投稿者:黒木  投稿日:2008年 9月 2日(火)20時11分15秒
  2008年 夏合宿の写真をアップしました。
下記URLからご覧下さい。
http://photos.yahoo.co.jp/tkmassage/
 

後期高齢者医療保険の解決法に付いて

 投稿者:依光晴男メール  投稿日:2008年 7月 6日(日)15時16分10秒
  後期高齢者医療保険解決には、この方法を実行する以外に、方法はない。
ご存知でしょうか日本には国家が認めた二つの系統の医療技術が有る事を?
昭和二十二年十二月二十日法律第二百十七号第一条医師以外の者で、あん摩、マツサージ若しくは指圧、はり又はきゆうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許(以下免許という。)を受けなければならない。 第二条免許は、学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)第五十六条第一項 の規定により大学に入学することのできる者(この項の規定により文部科学大臣の認定した学校が大学である場合において、当該大学が同条第二項 の規定により当該大学に入学させた者を含む。)で、三年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において解剖学、生理学、病理学、衛生学その他あん摩マツサージ指圧師、はり師又はきゆう師となるのに必要な知識及び技能を修得したものであつて、厚生労働大臣の行うあん摩マツサージ指圧師試験、はり師試験又はきゆう師試験(以下「試験」という。)に合格した者に対して、厚生労働大臣が、これを与える。
医師法
(昭和二十三年七月三十日法律第二百一号)
   第一章 総則
第一条  医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
   第二章 免許
第二条  医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。
後期高齢者医療問題を解決する為には、
厚生官僚は医療は医師名の免許「医師免許・歯科医師免許」の様に「医」の文字が無いと言う頑なさから、執拗に伝統医療「按摩師・鍼師・灸師免許保持者」を排除しようとして居るから、歯科医師の様に○○医師免許にする必要が有る。


因みにあ・は・き法の成立は、昭和22年12月20日法律第217号
   医 師 法 の成立は、昭和23年07月30日法律第201号
と成って居り、後成立法が先成立法に救済措置を与えて居ない独占法は政治資金拠出高によるドサクサ紛れに、違法な法律制定が伺える。

近年疾病発症に唯一特定汎用因子としてストレスと活性酸素関与が学説を確立したと考えられる中で、約32年前の科学技術庁研究成果報告書「証、経穴の科学的実証」章「慢性疾患及び不定愁訴の有効性報告」や新医協発行の「はりきゅうの話」を参照さ伝統医学が発明し、実行した制度『食医・症医・瘍医・獣医制度』や「文学に現れた奥の細道・戦中から淀殿への秀吉書簡」等飲食労倦ストレスの解消に優れて居るか参照されたい。

世界はまさに世紀末現象として格差社会から・天変地異からストレス社会に突入した。
足三里の名灸が、その効果の実績を下げて、エイズ発症遅延・戦禍・自然災害時の人心沈静化「ストレス削減」・経済後進国の医療制度の構築・教育制度の簡易性「人類の文化進展の遅れから、発展を留めたと言われるほど先進論理医療技術で、技能者養成手法「カリキュラム」は確立されている。」等伝統の医療技術は今世紀必要不可欠な医療体系であり、再生医療・救急医療・遺伝子治療等開発途上に有る西洋現代医学と切磋琢磨する事で、完成技術「伝統医療」は経常経費が低廉で済む利点があり、研究開発に多大の経費を賄うには、二つの医療技術の併用に待つ事が要請されている。

ここに400年前の主流『宗教』・今世紀の『現西洋医学会』が宗教裁判の愚を冒さない事を望む。

東洋医学系「あはき法の伝統医法名称変更」の導入と、3000年の医療資源「約七万人のあはき法免許者」の活用が保険財政の健全化に寄与すると共に、高齢者薬害・薬害治療・寝た切の予防・寝た切の回復と東洋医学の健康保険関与は必須で有ります。
鍼灸医療は療養費払いから、科学技術庁の提言を受け入れ、伝統医として法改正を図り、保険医指定が望まれる


老人保健法の違法運用と後期高齢者医療制度の矛盾点の証明
2008年03月29日07時20分頃 毎日放送「当地・京都」に於いて視聴、毎日放送「朝ずば」後期高齢者移行問題と岩手県西加賀町「旧沢内村」の医療事情の放映に見られる様に、医療は医師の数の問題では無く、医師法と皆保険制度の倫理矛盾政策課題で有る事が証明された。

2010年国家プロジェクトのユビキタス社会の実現を考える迄も無く、伝統医学の利用法「ノウハウ」も、現代西洋医学の様な、開発途上の・群盲象に触る・ホテルのルームキー紛いの、日進月歩で陳腐化ぱらだいむ論理場育ちで無い、晴眼者の見る象で有り・ルーム、マスターキーの役割を持つ論理場育ちのノウハウは、全国各地で活躍中の約七万人の免許保持者の中に十分な蓄積も有ります。
然し今は四百年前の天動説から地動説へと論理場がしふと交替した時の高権力者「絶対神」の信奉者達「宗教家」に拠って、多くの理科学・哲学者達が、如何に悪法でも法は法として「其れでも地球は動く」と、辞世の句を残して毒杯を仰いだ史実を見ると、21世紀は「絶対の神・科学の分解・分析二者択一・単純化・三段論」の矛盾論理場から「相対・複雑・共有・量子化・弁証論」弁証論的回帰「上下から見れば振り子運動・横、前後、左右から見れば螺旋階段」的回帰が論理場「パラダイム」交替「シフト」の主体として伺える。

20世紀迄の論理場で価値生産は、資本主義利益最大化原理の中の鉱工業生産で有ったと考えられる。

其の論理場で資源や環境からの制約を受け、文明は利器「コンピュータ」を駆使して、社会秩序を構築する為「価値生産」に必要な主体は情報で有る事から、相対性論理場に於いて情報製造が経済価値生産の主流で有り、情報流通に、インターネットを媒体とすれば、流通インフラに磨耗現象が生じない為、20世紀の物流インフラの様な、地域・時間の格差が解消されており、蓄積情報のデーターベースが有っても、倉庫代としての負担は、極端に少なくて済む為、20世紀の単純・分解・三段論の縦型社会育ちの資本主義利益最大化原理に取りまして、異業種間「特に物の加工流通と情報製造流通」は、絶対の神と人口加工の可能な科学の矛盾に似て、文明の中で去り行くものと・興隆したものとの軋轢が、宗教裁判を呼んだ事例に鑑み、現今の政治・経済・行政のモラルハザード「国会答弁に見られる違法・偽証・隠蔽等認知症患者の行為」「行政に見られる年金・漁船衝突事故・特定財源問題等公営詐欺横領窃盗団行為」「経済界の偽装・偽証・不実等」は、世紀末現象と言われる。

これ等の中でも官僚行政機構の乱脈は「不実・詐欺・横領・違法・偽証・詐称・不履行・談合主導・予算裏金埋蔵金・恣意的違法制限・恣意的違法利益供与等々」先進法治国家に於ける官僚行政機構の中で、違法性を持って考え得る全ての悪が行使されて居る。

鍼灸医療に関する一連の通達に付いて。
保発4号に付いて、二通の内真性保発四号は、鍼灸免許保持者「施術者」に発した物では無く、無免許医業類似行為者「療術業者」に対しての通達を恣意的故意に「免許持ち施術者」にこじつけして来た厚労省保険局の詐欺行為が有る。

1, 1963年10月15日日本鍼灸師会より、国会及び医道審議会へ請願書提出
2, 1977年11月21日日本学術会議会長から内閣総理大臣への申入れ。
3,1979年12月WHO機関紙・月刊ワールド・ヘルスに「ハリに対するWHOの見解」と言う論文を載せ「ハリ師とは何か」と問いながら、第一次医療適応疾患41疾患名を挙げ、グローバル化への展望を行っている。
4, 1986年03月に、1979年度「証、経穴の科学的実証及び生薬資源の確保に関する研究」「特別研究促進調整費」七年間の研究成果報告書が、科学技術庁研究調整局より報告されて居ります。
5, 1994年12月01日大阪高裁は「ハリ治療、西洋医学に劣らぬ」「医学的、社会的に承認され、一般に普及して居る」「針灸治療費一年間限定は違法」と判決している。
6, 医の常識・非常識、1997年12月15日p183&1999年03月22日NIKKEI BUSINESS P179 を参照下さい。
7, 2004年02月01日「統合医療に関する東京宣言2004」を発信した。
2004年01月31日~02月01日世界の専門家が集い「近代医学と伝統・相補・代替医療の英知の統合」から新たな人類の健康を記念して「統合医療に関する東京宣言2004」を採択し、国際統合医療推進委員会を設立して居る。
8, 近年疾病発症に唯一特定汎用因子としてストレス・活性酸素関与が学説を確立したと考えられる中で、約32年前の科学技術庁研究成果報告書「証、経穴の科学的実証」章「慢性疾患及び不定愁訴の有効性報告」を参照されたい。
9, 病院沈没第一章日本を取り囲む三つの力P49『厚生省の医療鎖国政策指摘』を参照下さい。

医師による施術の同意に付いては、昭和の57年03月30日長野地裁に於いて、医師の同意による施術に付いては、医師は損害賠償の義務を負担すべきであると判決を行っており・西洋医師による異分野「伝統東洋医療」に同意を要求する事は、実質禁止の効果を狙ったものと言える。
所が此処に来て医師不足が問題に成って来た、東京に於いても、多摩団地の空洞化と共に、医師不足・高齢化が課題に成って来た、日本鍼灸師会の会員の中に、閉鎖診療所で開業する会員は居るものと考えている。
鍼灸医療は療養費払いから、科学技術庁の提言を受け入れ、伝統医として法改正を図り、保険医指定が望まれる。
何よりも国民皆保険の中で、正規の第一の医療として法整備が整っている伝統医療が、法整備の完備した法治国の我が国で、法制上の医療保険が、機能しないと言う事態は、国会付帯決議・科学技術庁の提言が無視されている為、高齢者・慢性疾患患者は、医療保険の二重払いを余儀なくされる事こそ、医療保険の異常事態と考えられる。

2008年03月29日07時20分頃 毎日放送「当地・京都」に於いて視聴、毎日放送「朝ずば」後期高齢者移行問題と岩手県西加賀町「旧沢内村」の医療事情の放映に見られる様に、医療は医師の数の問題では無く、医師法と皆保険制度の倫理矛盾政策課題で有る事が証明された。

2010年国家プロジェクトのユビキタス社会の実現を考える迄も無く、小生現役時代は国立病院臨床検査部に於いて、生命を左右する情報を作り続け、現役を離れました現在でも、蓄積しましたデータベースは健在ですが、利用法「ノウハウ」も、現代西洋医学の様に、開発途上の・群盲象に触る・ホテルのルームキー紛いの、日進月歩で陳腐化ぱらだいむ論理場育ちで無い、晴眼者の見る象で有り・マスタールームキーの役割を持つ論理場育ちのノウハウの蓄積も有ります。
然し今は四百年前の天動説から地動説へと論理場がしふと交替した時の高権力者「絶対神」の信奉者達「宗教家」に拠って、多くの理科学・哲学者達が、如何に悪法でも法は法として「其れでも地球は動く」と、辞世の句を残して毒杯を仰いだ史実を見ると、21世紀は「絶対の神・科学の分解・分析二者択一・単純化・三段論」の矛盾論理場から「相対・複雑・共有・量子化・弁証論」弁証論的回帰「上下から見れば振り子運動・横、「前後・左右」から見れば螺旋階段上昇」的回帰論理場「パラダイム」交替「シフト」の主体として伺える。

20世紀迄の論理場で価値生産は、資本主義利益最大化原理の中の鉱工業生産で有ったと考えられる。

其の論理場で資源や環境からの制約を受け、文明は利器「コンピュータ」を駆使して、社会秩序を構築する為「価値生産」に必要な主体は情報で有る事から、相対性論理場に於いて情報製造が経済価値生産の主流で有り、情報流通に、インターネットを媒体とすれば、流通インフラに磨耗現象が生じない為、20世紀の物流インフラの様な、地域・時間の格差が解消されており、蓄積情報のデーターベースが有っても、倉庫代としての負担は、極端に少なくて済む為、20世紀の単純・分解・三段論の縦型社会育ちの資本主義利益最大化原理に取りまして、異業種間「特に物の加工流通と情報製造流通」は、絶対の神と人口加工の可能な科学の矛盾に似て、文明の中で去り行くものと・興隆したものとの軋轢が、宗教裁判を呼んだ事例に鑑み、現今の政治・経済・行政のモラルハザード「国会答弁に見られる違法・偽証・隠蔽等認知症患者の行為」「行政に見られる年金・漁船衝突事故・特定財源問題等公営詐欺横領窃盗団行為」「経済界の偽装・偽証・不実等」は、世紀末現象と言われる。

これ等の中でも官僚行政機構の乱脈は「不実・詐欺・横領・違法・偽証・詐称・不履行・談合主導・予算裏金埋蔵金・恣意的違法制限・恣意的違法利益供与等々」先進法治国家に於ける官僚行政機構の中で、違法性を持って考え得る全ての悪が行使されて居る。

鍼灸医療に関する一連の通達に付いて。
保発4号に付いて、二通の内真性保発四号は、鍼灸免許保持者「施術者」に発した物では無く、無免許医業類似行為者「療術業者」に対しての通達を恣意的故意に「免許持ち施術者」にこじつけして来た厚労省保険局の詐欺行為が有る。

1, 1963年10月15日日本鍼灸師会より、国会及び医道審議会へ請願書提出
2, 1977年11月21日日本学術会議会長から内閣総理大臣への申入れ。
3,1979年12月WHO機関紙・月刊ワールド・ヘルスに「ハリに対するWHOの見解」と言う論文を載せ「ハリ師とは何か」と問いながら、第一次医療適応疾患41疾患名を挙げ、グローバル化への展望を行っている。
4, 1986年03月に、1979年度「証、経穴の科学的実証及び生薬資源の確保に関する研究」「特別研究促進調整費」七年間の研究成果報告書が、科学技術庁研究調整局より報告されて居ります。
5, 1994年12月01日大阪高裁は「ハリ治療、西洋医学に劣らぬ」「医学的、社会的に承認され、一般に普及して居る」「針灸治療費一年間限定は違法」と判決している。
6, 医の常識・非常識、1997年12月15日p183&1999年03月22日NIKKEI BUSINESS P179 を参照下さい。
7, 2004年02月01日「統合医療に関する東京宣言2004」を発信した。
2004年01月31日~02月01日世界の専門家が集い「近代医学と伝統・相補・代替医療の英知の統合」から新たな人類の健康を記念して「統合医療に関する東京宣言2004」を採択し、国際統合医療推進委員会を設立して居る。
8, 近年疾病発症に唯一特定汎用因子としてストレス関与が学説を確立したと考えられる中で、約32年前の科学技術庁研究成果報告書「証、経穴の科学的実証」章「慢性疾患及び不定愁訴の有効性報告」を参照されたい。
9, 病院沈没第一章日本を取り囲む三つの力P49を参照下さい。

医師による施術の同意に付いては、昭和の57年03月30日長野地裁に於いて、医師の同意による施術に付いては、医師は損害賠償の義務を負担すべきであると判決を行っており・西洋医師による異分野東洋医療に同意を要求する事は、実質禁止の効果を狙ったものと言える。

所が此処に来て医師不足が問題に成って来た、東京に於いても、多摩団地の空洞化と共に、医師不足・高齢化が課題に成って来た、日本鍼灸師会の会員の中に、閉鎖診療所で開業する会員は居るものと考えている。
鍼灸医療は療養費払いから、科学技術庁の提言を受け入れ、伝統医として法改正を図り、保険医指定が望まれる。
何よりも国民皆保険の中で、正規の第一の医療として法整備が整っている伝統医療が、法整備の完備した法治国の我が国で、法制上の医療保険が、機能しないと言う事態は、国会付帯決議・科学技術庁の提言が無視されている為、高齢者・慢性疾患患者は、医療保険の二重払いを余儀なくされる事こそ、医療保険の異常事態と考えられる。

4月5日あさずば拝見しました。
今グローバル社会は、論理場「パラダイム」交替「シフト」の真っ最中です。
全ての分野で世紀末現象が起きて居る事は、論理場交替期だからで有るからであり、全ての分野で改革が必要な社会秩序の構築を歴史が要求して居る。
この時何が起きるかは、使える弁証法の著者「多摩大学教授・ソフィアバンク代表」田坂広志氏の全省庁の諮問委員会参加が望まれます。田坂さんの意見を参考にされます様進言致します。

同じく論理場交替期ですから、後期高齢者医療を論じても解決の方法は無い、何故なら、医療の改革で無いから、この考えが宗教裁判論理であり、宗教裁判の矛盾のつけが、世紀末現象を生じ、制度改革の必要性の根幹であり、現状の医療制度其の儘に論じても改革にならない。

論理場交替期の医療改革は、医療の制度を変える事だからです。
如何様に変えるか、世界には日本の現医療より遥かに優れた医療が存在します。
日本の現医療制度は先進国の中で最も非効率な保険制度と共に医原病発生制度に成って居る。
改革するので有れば、現在考えられる最高のものに変更する事がベターで有り、其れでも文明は進化します、其の為の試行錯誤「複雑系の組込・田坂のカリキュラム」が必要に成りますが、其れ等の英知は、日本代替・相補・伝統医療連合会議「JACT」会長「tel=03-3812-5030 e-mail=info@imj.or.jp  HP=http://www.imj.or.jp」渥美和彦氏の頭脳・信条を医療制度諮問委員会に参加の道をお考え下さい。渥美さんのご意見を参考にされます様進言致します。

この医療制度改革「東西両医学免許者の平等な免許行使環境」が成った暁に、高齢者・慢性症患者対策が機能するのであって、開発途上の現行西洋医学医療制度「非効率出来高払い保険運用と医原病製造環境」の中で、運用の手直しで解決出来る様な事態ではない事に心すべきである。

因みにあ・は・き法の成立は、昭和22年12月20日法律第217号
   医 師 法 の成立は、昭和23年07月30日法律第201号
と成って居り、後成立法が先成立法に救済措置を与えて居ない独占法は政治資金拠出高によるドサクサ紛れに、違法な法律制定が伺える。


謹啓 政治の世界で、今何が起きて居るかの検証は、論理場『パラダイム』交替『シフト』の規範の中に有る事を無視しては、何も未来は見えて来ない。
現今の政治の場で理解の進まない原因は、グローバル社会のルールにソッポを向く官僚機構のエゴが有る。
我国の医療は法制上東洋医学系と西洋医学系に夫々免許制で法制は完結していますが、厚生官僚『厚労省健康保険局保険課』の恣意的詐称通達行政により、世界の中で我国のみが、折角の医療技術が生かされて降りません。
官僚出身の先生「衆・参代議士」は認知に躊躇を感じるかと思いますが、現在日本の経済社会は、所謂不況下に或る事は、感じに成れると思います。
世界『グローバル社会』は不況時には税金を少なくし、好況時には、暫定廃止と言う手法が一般的で有りますが、我国の官僚機構は、其のグローバル手法に抵抗を示します。
後期高齢者医療に付きましても、別紙「鍼灸医療に関する一連の通達に付いて」に示します様に、昭和38年以降日本・世界の英知を悉く退け、世界の伝統医学会からの不信を招き、唯一JACT『全日本代替・相補・伝統医学会』が、厚生官僚の隙間を縫って、文化省認可財団として活動して居ます。

この様に官僚機構は、曲学阿世「司法界」の結束は固く、50余年に及ぶ詐欺通達行政事件も、検察側は取り上げて頂けなく・裁判で勝てば詐欺通達を撤回すると言う厚労省を裁判に訴えても、何度と無く敗訴に成って居ます。
終いには、厚労省が本『元 ・基』通達に変更したので有るから、和解に因って終結すると言う不本意な事も起きて居ます。

此テキストは、与党の先生方には、信頼が置ける方が居ませんので其の儘に成って居ましたが、一縷の望みに期待して、お願い致します。
☆☆☆ 後期高齢者医療制度は廃止して、老人保健法が違法運用であった為、現在の不都合を生じて居るので有るから、20数年間前の国会決議に応じた見直しが求められております。
この事で医療の無駄「薬害性医原病の発生・薬害緩和薬剤の投与」は排除され、保険財政の健全化に寄与出来ます。☆☆☆

年金詐称着服・横領・誤記問題から・後期高齢者医療問題等厚生官僚行政・医師会・製薬業界のトライアングルの解体は大変だとは思いますが、年金や道路特定財源の様に、外部から炙り出されると、結果責任だとか、問責決議だとか言われるから、この官僚行政運営の伏魔殿を与党が公表する事で、闇に葬られていた事案が、浮上した事は『自浄作用の兆しと見て、ご協力をお願いすると言う形が』捩じれ国会だから何も出来ないのではなく、捩じれ国会だからこそ、特に小選挙区制下に於いては、直接選挙制であり、グループ理論はそぐいません。
獅子身中の与党抵抗勢力排除「自浄作用の発現が易しい」が出来る「宗教裁判の愚を防ぐ」利点があり、茹で蛙の弊害が少なくて済む利点が有る。

此の発想は与党・野党・グループの大きさは関係なく、政治の鉄則で有ります。
グループ理論を行使する為の選挙法は、アメリカの様な間接選挙に於いて始めて機能する事を心すべきであります。
最近の厚労大臣の言動は、行政官僚のテキスト棒読みに終始して居るのは、長期政権腐敗現象『厚生「福祉」行政恩着せ論』の兆しが見え始めた。
折角官僚機構の解体に努力した事が、水泡に帰す懸念を感じる。
後期高齢者医療問題を解決する為には、厚生官僚は医療は医師名の免許で無いと言う頑なさから、「医師・歯科医師」の様に「医」の文字を冠した免許に拘り、執拗に「按摩・鍼・灸伝統医療技術・あんま師・鍼師・灸師法免許保持者」を排除しようとして居るから、歯科医師の様に○○医師免許にする必要が有る。
東洋医学系「あはき法の伝統医法名称変更」の導入と、3000年の医療資源の活用が必須で有ります。
制度疲労を起こさせない工夫は、総ての活動から独占性を排除する事で、東洋医学と西洋医学は其の特質が相補関係に有りますから、両医学の切磋琢磨により、世界から指標とされる医療体系の構築が可能と成ります。現在医師不足が叫ばれて居ますが、約7万人の医療資源は活用される冪であります。
先生の今後のご活躍・御健闘を応援致します。

謹白
629-0311京都府南丹市日吉町胡麻萩原15
sklhy@galaxy.ocn.ne.jp   tel 050-3329-0487
全国鍼灸マッサージ師協会政策委員 依光晴男

http://www.imj.or.jp

 

鍼灸臨床講座説明会の写真

 投稿者:黒木  投稿日:2008年 4月21日(月)06時19分31秒
  第25回鍼灸臨床講座説明会の写真をアップしました。
以下URLからご覧下さい。
http://photos.yahoo.co.jp/tkmassage/
 

平成19年度予定変更

 投稿者:講座事務局(手塚)  投稿日:2007年 5月17日(木)12時34分42秒
  講座受講生の皆様

11月の講座について、11月25日とお知らせしましたが、会場都合で
11月4日に変更します。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 

平成19年度予定

 投稿者:講座事務局(手塚)  投稿日:2007年 4月23日(月)12時49分36秒
  平成19年度受講生の皆様

平成19年度の講座開催日のうち、第二日曜日以外の月は以下のとおりです。

 6/17
11/25
12/23

6月は全日本鍼灸学会学術大会と重なるため、11月12月は会場の都合です。

第一回目の講座は5月13日です。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 

はりきゅうの話 購入について

 投稿者:部会副会長  投稿日:2007年 3月12日(月)01時55分42秒
  はりきゅう啓蒙書 『はりきゅうの話』の申し込みは
部会事務局
  shinq-bukai-jimukyoku06@pop.707.to
へお願いします。1部500円 新医協会員は300円
 

鍼灸部会合宿の写真2

 投稿者:管理人(黒木)  投稿日:2006年 9月 3日(日)11時47分31秒
  遅れましたが、鍼灸部会合宿の写真を追加しました。
以下URLからご覧下さい。
http://photos.yahoo.co.jp/tkmassage/
 

鍼灸部会合宿の写真

 投稿者:管理人(黒木)  投稿日:2006年 8月25日(金)11時24分9秒
  合宿お疲れ様でした。
鍼灸部会合宿市民治療の写真をUPしました。
以下URLからご覧下さい。
http://photos.yahoo.co.jp/tkmassage/
 

レンタル掲示板
/9