新着順:112/363 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

夏雲あがれ

 投稿者:バッカス  投稿日:2007年 6月10日(日)23時52分16秒 p4125-ipbf708funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  通報
 

昔の殿様は、側室やお妾さんが何人もいて、当然お世継ぎ候補となる子供をめぐるお家騒動
も日常茶飯事のコトだったらしい。

舞台は江戸後期、青春の志を抱く、3人の若き剣士が、お家騒動に乗じて藩主暗殺を企む
一派と雄々しく戦い、明日を切り開いていくというストーリー。

なっち演じるヒロインの「志保」も、江戸にいる主人公「新吾」のもとへ向かうことに
なり、そこでお家騒動をめぐる抗争に巻き込まれていく。

青春時代劇かと思いきや、なっちが人質にされたり、シビアな斬り合いなどの活劇場面も
盛り沢山で、迫力満点、一時間ずっとTV画面に釘付けで見てしまいました。

なっちの演技はさすがですね。何よりもヒロインとしての存在感が輝いていました。
最近ますます大人っぽくなった彼女を、ドラマの中で再び見ることで、どんどん成長されて
いるのをさらに実感しました。

時代劇としての礼儀作法や歩き方が大変だったと聞きましたが、場面場面で演じている彼女
の姿勢や身のこなしがとてもきれいに感じられました。

なっちのドラマといえば、従来はなにかカゲのある幸が薄い感じの悲劇のヒロイン役が多か
ったようですが、今回は久々に彼女の優しく微笑む「なっちスマイル」を見ることができ
て、何とはなしに妙に嬉しかったりします。
全5話完結。毎週木曜日がホント楽しみになりました。

しかし「デコ出しなっち」の破壊力は凄まじいね。あと1ヵ月も耐えることができるカナ??
 
》記事一覧表示

新着順:112/363 《前のページ | 次のページ》
/363