新着順:7/372 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

逢いたくていま(高木紗友希)

 投稿者:Bacchus  投稿日:2020年 7月11日(土)23時12分56秒 p2085065-ipbf2403funabasi.chiba.ocn.ne.jp
  通報
  高木紗友希が「Juice=Juice チャンネル」で、MISIAの「逢いたくていま」をカバーしています。


https://m.youtube.com/watch?v=xr7g6NKFLxY




「逢いたくていま」は、2009年、バラードの女王「MISIA」が発表した9thアルバム収録曲の一つ。

アルバム全体の完成度も相当に高いのですが、その中でも最も輝きを放っているバラード曲。
曲全体の持つもの悲しさと、それを表現するMISIAの艶のある声質がマッチした情感溢れる作品です。


カバー曲というものは、どうしてもオリジナルと比較されて、しっかり歌いあげないと、
評価されないこともあります。

逆に言えば、曲の持つ世界観をいかに引き出してアレンジしてみせるかが勝負どころで、
それがまたカバー曲の面白いところではないでしょうか。


さて高木紗友希のカバーですが、抑えた語りかけるような歌唱で、若干声量の弱さがあるものの、
それを補って余りある表現力で聴き手を惹きつけるボーカルの魅力が感じられます。

MISIAの張りのある熱唱とは対称的に、繊細さが感じられる淡々とした歌の展開なのですが、
それが逆にしみじみとした余韻を聴き手に残す上で非常に効果的であるように思います。

これが高木紗友希の個性であり、オリジナリティーなのでしょう。


ハロプロではトップレベルの歌唱力と定評のある高木紗友希ですが、彼女の持ち味は
ソロバラードでこそ最大限に発揮できるのではと以前から思っています。

本日からバラード企画「ハロコン夏」(中野サンプラザ)が始まりますが、いよいよ彼女の
魅力を強烈にアピールする良い機会になるのではないかと思います。


aitakute_sayuki.wmv
 
》記事一覧表示

新着順:7/372 《前のページ | 次のページ》
/372