teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/88 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

旧第六師団歌の歌詞

 投稿者:46期 本田睦雄メール  投稿日:2011年 8月 6日(土)16時17分45秒
  通報 返信・引用
  横田勇介殿
お尋ねの旧第六師団歌は次の通りです。(原文のまま)
1.色は黒いが 血は赤い       3.吹雪の原に 寝もやらぬ
  九州育ちの 粒ぞろい         急追撃の  幾昼夜
  胸をたたけば 一(ひ)と押しに    凍る手先に銃(つつ)とれば
  忽ち陥す 城の数           総身に熱い 血がたぎる
  ああ 日本一の六師団         ああ 日本一の六師団
2.家も命も君のため         4.勝ちどきあぐる 城の上
  捧げ尽くしたつわものの        一番乗りの ほまれにも
  汗にまみれた軍服に          手柄ほこらず 戦友を
  匂う道辺の草の花           思うまつげの 一としずく
  ああ 日本一の六師団         ああ 日本一の六師団
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/88 《前のページ | 次のページ》
/88