teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 脊髄腫瘍の患者さんリスト(14)
  2. 脊髄腫瘍の手術した病院(13)
  3. 脊髄腫瘍の入院期間(11)
  4. 脊髄腫瘍の手術時間(9)
  5. 脊髄腫瘍の入院・手術費用(3)
  6. 脊髄腫瘍の手術日(9)
  7. ご挨拶と使い方(2)
  8. 脊髄腫瘍の腫瘍名と大きさ(2)
  9. 脊髄腫瘍の手術創(手術痕)(3)
  10. 脊髄腫瘍の手術後の入浴(シャワー)(4)
  11. 脊髄腫瘍の手術後の歩行(4)
  12. 脊髄腫瘍の手術後のリハビリ(3)
  13. 脊髄腫瘍の手術後の食事(3)
  14. 脊髄腫瘍の手術後の痛み(3)
  15. 脊髄腫瘍の入院部屋(3)
  16. 脊髄腫瘍の椎弓(背骨)(2)
  17. 脊髄腫瘍の身体障害者手帳の取得(2)
  18. 脊髄腫瘍の追加治療(2)
  19. 脊髄腫瘍の手術後のICU(2)
  20. 脊髄腫瘍の手術動画(3)
スレッド一覧(全29)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:62/647 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エマルジョン妻さんへ

 投稿者:管理人メール  投稿日:2012年 4月 7日(土)02時40分22秒
  通報
  こちらこそ、ご無沙汰しております。

☆『脊髄髄外腫瘍 神経鞘腫 患者の闘病記』 エマルジョン妻さんのHP
http://www.ac.auone-net.jp/~sekizui/

HP→退院後の状態→手術後3ヶ月
こちらで、主治医からの脊椎(背骨)に使った、
固定用内内副子(チタンプレート・スクリューなど)の抜去手術に触れられています。

脊髄腫瘍(脊髄髄内腫瘍・脊髄髄外腫瘍・馬尾腫瘍)の手術において、
脊椎(背骨)は椎弓切除術か、椎弓形成術のどちらかになります。

椎弓形成術は文字通り、一度外した椎弓(背骨の一部)を形成するために、
固定用内副子と呼ばれる、チタンプレートやスクリュー(ネジ)を使っています。

この固定用内副子は、自家骨(腸骨)や人工骨(ハイドロキシアパタイト)を使って、
骨がくっつくのの助けるためのものです。

骨がくっつく6ヶ月~12ヶ月を過ぎると、
固定用内副子はお役目ごめんになるのですが、お役目ごめんになったからといっても、
一生取り出さない(抜去手術を行わない)ことを前提に、
今の脊髄腫瘍の手術はそうなっています。

理屈で言えばエマルジョン妻さんの主治医が、
固定用内副子の抜去手術をすすめるのは分かるのですが、
脊髄腫瘍の手術後に、抜去手術だけを受けられるという話は、
エマルジョン妻さんだけなんで、非常に珍しい話です。

※何かの手術のついでに、固定用内副子の抜去手術をした話は1件知っています。

それからCT画像も2枚投稿して頂き、ありがとうございます。
時間を追うごとに、骨の再生する様子が分かりますね。

管理人は、脊髄髄内腫瘍(頸髄腫瘍)なので、
同じ脊髄腫瘍でも、使うスクリューの大きさも長さも全然違うよなぁ…と、
そんなことを思ってました。
(首と腰の骨の大きさが違うので、当然のことですが…)

エマルジョン妻さんは、主治医を信頼なさって抜去手術を受けられるのですね。
ぜひぜひ、手術後の感想など聞かせて下さい。興味深々で待っています。

遠くからですが、エマルジョン妻さんの手術が無事に終わることをお祈り申し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:62/647 《前のページ | 次のページ》
/647